赤ちゃんとシンプルに暮らす

2016年3月息子出産、子供がいてもシンプル・ミニマムに暮らすことが目標です。





ハーフバースデーを迎えて

遅くなりましたが
先月で6ヶ月になった息子
生後半年を迎えて思うことをまとめてみました。

半年を迎えることができてよかったです。
息子が生まれたことは
今までの人生で一番嬉しかったことでした。


無事生まれてきてくれて感謝しています。
隣ですやすやと眠る息子の顔を見ていると
半年前はお腹の中にいたんだよなぁ~と
未だに思う時があります。

赤ちゃんと暮らしてみて…

大変! 大変! とにかく大変~!
時間ないし、いろいろやらなきゃいけない
産後体力のなさを痛感させられるも
運動する時間あるなら寝たい食べたい休みたいという現状。

今は…この生活スタイルにだいぶ慣れて落ち着いてきました。
逆に落ち着いてない息子
毎日元気元気で力も強く声もデカイ…。
もうすぐズリバイ&ハイハイしそうな勢いです。

そして私の気持ちはと言うと
こんなに異性に求められたこと今までになかった!
と思っています(笑)

毎日一つ一つの何気ないしぐさにキュンキュン。
自分が男兄弟の中で育ったのもあり姉妹に強い憧れがあって
妊娠が分かった時から当然女の子だと思って過ごしていたんです(苦笑)
ほら、なんとなく母親のカンと言うか…
見事にハズレたわけですが。。
名前も女の子の名前を考え、雛人形も決めてたくらい!

ですが、息子に対するこのトキメキと言いますか
胸キュンに味をしめてしまい

・・・男の子もいいですね~(笑)

成長した息子を見ていると
会いたくなるんです。
あの小さな小さな新生児の頃の息子に
生まれた頃の画像を見てたら特に
一人でこんなに大変だから無理!
なんて思ってたのに
欲しくなるものなんですねぇ

だけど今はとてもじゃないけど息子一人に
手一杯です~。


生後6ヶ月の息子の様子

■完全母乳
■パンパースLサイズ ピチピチ
■服新生児80 ピチピチ
■体重10キロ超え

思ってた以上に母乳が出ていたようで
体重が発育曲線をはみ出してしまいました。


4ヶ月検診でミルクは必要ないと言われてしまいミルク絶ちをしました。


寝かしつけ前のミルクが使えなくなり
夜間に起きるように
(酷い時は一時間に一回)
新生児期の頃のようです。。


夜泣き?なのかよく分かりません
寝ていたのに寝返りをして泣いたり
顔を掻いて泣いてぐずぐず
その際、起きる度に添え乳で寝かしつけているので
こんなに飲んで大丈夫かなと思ってしまいます。
添え乳を麦茶で試してみようかなと考え中。

抱っこが重くしんどい~ので
もうちょっとゆるやかに曲線を描いてほしかったです。


服のサイズも困ってしまいます。
新生児サイズの服が早くに着れなくなり悲しいです。

いろいろ思うことはありますが
この半年間病気もせずに健康で育ってくれて何よりです。

最後に
母に感謝しています。
長い里帰りを受け入れてくれ
その後も私をサポートしてくれて
息子との接し方やふれあい方を見ていて
私たち兄妹もこうやって愛情いっぱいに育ててくれたんだろうなぁ…と思っています。

★☆★生まれてきてくれてありがとう
パパとママはの★☆★のことが大好きだよ

むちむちキューピーちゃん



無難に…テープで貼っただけ
ママ不器用で
こんな感じしか作れなくて
たいしたお祝いもできなくてごめんね。



撮影で疲れた様子


今日も一日楽しかったね
明日も楽しいことがいっぱいあるよ
おやすみ

夜の寝かしつけの時にいつも息子に
言っている言葉。
これからの息子の成長が楽しみです。